階段を転がり落ちた。

はじめに

 これはわたしのK-POPヲタ記録。誰がそんなもん見るか。

 とはいえ、非公開のままではいつまでたっても文章力は上がらないだろうから見せちゃう。以降、自己責任で。

 

キッカケ

 2017年5月、わたしはK-POPをすきになった。

 キッカケは、ばんたんこと防弾少年団*1が日テレ系の朝番組『スッキリ』に出演したこと。

 拙い日本語でインタビューに答える姿はとにかくふわっふわ。あらまぁカワイイじゃないのぉ……と思わせておいて、いざパフォーマンスとなったら

「ちっ あっせ なっみっだぁぁ」

とバッキバキに踊る7人は当時、ネズミを王とする夢の国へと逃避していた*2わたしにはそりゃぁもう衝撃的だった。

 沼にハマるというよりも、階段を転がり落ちた感覚。結婚と出産を経てすっかり違う世界へ行ってしまったと思っていたのに、まさかここにきてまた違う世界、いや異次元へ行くことになるとは夢にも思っていなかった。まるで違う経験を次々と出来るたのしさは本当に刺激的で新鮮だった。

 

つまみ食い

 2018年初め、もねく*3を食う。

youtu.be

 どういう経緯で知ることになったのかはまったく記憶にない。でもとにかくこの曲のせい。突然、背後から殴られた感。もはや事件。でもイヤな気はしない。なにしろ、パフォーマンスがいい。そして、顔がいい。これ重要。

 そして4月、KCONに行った。
kconjapan.com

 そこでRAINZを知ることになり、ひと夏をまるまる捧げた。

www.youtube.com

 ……が、『解散』がチラつき始めた夏の終わりに急激に冷めた。

 (こうして文章にしてみると本当に熱しやすく冷めやすいな……)

 それからはまた、ばんたんともねく。

食い散らかす

 わぁああ!待ちに待ったKCON2019ぅぅぅぅぅううう!!もはや雑食モンスター。ウズウズしていた。誰が出演するのかわからない時点で3日券を買った。たとえもねくが来なくてもいいと思っていた。RAINZの例もあるし。新たな刺激を求めていた。とにかく行きたかった。

kconjapan.com

 結果、わたしのiTunesのお気に入りプレイリストまんま。でも欲をいえば、スキズ見たかった。

 そしてモンスター激化。

 まず、もねく目的で所持していたミーグリ1日券を使ってVERIVERYを見に行った。

 なに、この妖精たち。

 このミーグリの時間、ずっと夢心地。なんかふわっふわしていた。一眼でばしばし撮りまくってた小汚いマスターと運営の小競り合いが目の前でおっぱじまってもこの妖精たちのおかげで、ふわっふわ。今までには味わったことのないキモチで本当に不思議な時間だった。

 そして最終日はATEEZ。

 そんでもって、うぉのすも食う。

23bmty.hatenablog.com

 KCONが終わってしまった淋しさから、べりべりとうぉのすの来日イベントのチケットを買ってしまった。そしてK-POPだけでなく、俳優さんにまでいってしまった。

23bmty.hatenablog.com

 

 完全に、KCONの奴隷。 

 

**********

 【マシュマロで質問やコメントを書く】 

*1:現在、公式はBTS呼びを推しているようだがわたしは認めない

*2:現実逃避するために推していたはずの日本某大手の某グループが次々やらかしてくれるせいでだんだん現実よりツラくなり“もう二度と人間はすきにならない”と決めた

*3:MONSTA X