わたしは、向かわない者。(3月26日(金)日記)

いつも乗る車両に行くほどの時間がないと思ってテキトーに乗ったら、明らかに空気が違う。軽い。ふわっふわしている。そしてなんだか、明るい。というか、虹色。やば、夢と魔法の国へ向かう者たちばかりじゃん。春休み思いっきり満喫ヤローどもばかりじゃん。一気に嫌気がさす。ムリムリムリムリムリ……。

結局まだ発車ベルが鳴らないので、すぐさま降りて車両を移動する。“ゲスト”たちと同じ空気を吸っていたら、嫉妬の塊と化して吐き気するもん。ムリムリ。いつもの車両は、向かわない者たちばかりの慣れた光景だった。よかった。

どんよりとした空気がこんなにも心地よく、安心できるだなんて思いもしなかった。